また、「マスクを外した自分の顔にびっくり」したことがある女性は53.7%と、約半数いた。
 
マスク女子にとって、マスクを外した顔をみられたくない相手の1位は「男性の同僚」(67.2%)とされるが、実際にみられてしまい、「びっくりされたことがある」人は18.0%。
 
一方、男性ビジネスマンのうち、「女性がマスクを外した顔を見たい」という人は52.5%いたが、実際にみてがっかりしたという人が約4割にのぼったという。

カネボウ/「マスク女子」増加で、「化粧直し用化粧品」のニーズ高まる | メーカーニュース

あなたが学術論文のデータを捏造していないことを私は信じています。しかし、

ウェブ誕生から25年—生みの親T・バーナーズ・リー氏が語る次のステップ(後編) - (page 3) - CNET Japan
(クールジャパンの先駆者 キングギドラが見たニッポン  :日本経済新聞から)


カラオケである。

タイの暴動は怖くない?:日経ビジネスオンライン

cchhiiaakkii:

女の子の腹の中なんてこんなもん


 ――うまくいきますか。

 今回の試みがどうなるか、5年後、10年後にまた話そうじゃないか。

(世界発2014)大麻OKで治安改善? ウルグアイ、売買・栽培合法化:朝日新聞デジタル



今日0:30さんは6歳になりました!



(エゾリス:札幌の原始林で元気よく - 毎日新聞から)



livelymorgue:

Three brothers taking home a holiday tree through a rubble-strewn lot in the Bronx. Even 40 years ago, New York’s was a tale of two cities, according to Deirdre Carmody in a Dec. 22 article from 1973 headlined, “Christmas in the City Intensifies the Happiness — and Sadness.” She took the pulse of New York with stories — some happy, like a restaurant owner whose establishment was brought to life by carolers; others sad, like that of a retiring police commissioner or of an inert man slumped over on 42nd Street, left with a stack of coins by a compassionate young passer-by. Photo: William E. Sauro/The New York Times


Via The Lively Morgue



ふたご座の 夜空見あげて 流れ星 ねがいはひとつ 口にはできない

音をひろって - ひきこもり女子いろいろえっち


おめたんことは

大好きだった言葉、いまでも切ない思い出です


171
To Tumblr, Love PixelUnion